出産祝いで気をつけること

他人に贈り物、プレゼントをするとき、一体幾らくらいの予算で考えたらいいのか、このことには常に頭を悩ませます。当然ながらあまりに安すぎてはいけません。かといってあまりに高額なものを贈るのもどうかと思います。それでは具体的に友人や知人に対して出産祝いをしようと考えているとき、出産祝いギフトとしてはどのくらいの金額を目安として考えたらいいのでしょうか。ここでは出産祝いの金額、贈り物の相場について考えてみたいと思います。

出産祝いでは気を付けることがいっぱい!注意しておくこと

出産祝いの相場、贈り物・プレゼントをするときの大体の相場と言うことですが、実はその金額を答えるにしても、少し難しいところが有ります。というのも出産祝いというのは、出産を終えた友人、知人にお祝いの気持ちを包むものなのです。従って基本的には決まった金額というものはありません。やはり出産祝いには気持ちが何よりなのです。とは言え、やはりある程度の相場というか、基準といったものはあります。従って相手に失礼のないように、出産祝いの一般的な相場は知っておきたいものです。ここでは出産祝いの一般的な相場について触れていきます。(出産祝いで知っておきたいこといっぱありまよね。)

お祝いの金額としては、お付き合いの程度に応じてですが、一般に5,000円から10,000円程度の金額が相場となっています。ですがもしも年齢や立場に不相応な金額となってしまうと、かえって贈られた相手に負担を感じさせる事にもなりかねません。参考として以下に出産祝いの一般的な相場と言うものを紹介しておきます。下記に立場別の相場一覧を挙げておきますので、皆さんももしも出産祝いの相場に困るようなことがあったら参考にしてみてください。またこれはあくまで一つの基準であって、絶対的な決まりというわけではありません。個人の付き合いの深さ、或いは地域的な伝統習慣等によって、多少相場が変わる場合もありますので、注意しておいてください。

出産祝いを贈る際には、相場以外にも気をつけておきたいポイント、マナーと言った物が有ります。これを知らないでいると、出産祝いを贈られた相手に不快感を与えることにもなりかねませんので、注意が必要です。ここでは代表的なマナーを紹介しますので、皆さんも出産祝いを他人に贈る際には、是非覚えておいてください。

@
お祝いに使うお札は、汚れたもの折れ曲がったものは避けて、必ず新札を使うこと

よくお年玉に新札を使ったりすると相手に喜ばれますが、それと同じことです。もっとも身内や親戚に渡すお年玉はさておき、出産祝いはやはりお世話になった人に贈るプレゼント、ギフトですので、出産祝いを贈る際には必ず新札を使うようにしましょう。

A
お祝い事ですので、出産祝いの金額としては「4」 や「9」はタブーとされていますので使わないようにすること

「4」は「死」、「9」は「苦」に通じるとして、例えば病室の数字等でこの二つの数字が避けられているのは有名です。それと同じことで、出産祝いを贈る際には気をつけましょう。不吉な数字に絡んだ金額を贈らないようにしましょう。

プリザーブドフラワー

お金もいいですが、やはり品物がお互い気を使わずに贈ることができる出産祝いだと思います。

出産祝いに人気のおむつケーキは赤ちゃんがいる方にしかプレゼントできませんので、贈ると喜ばれます。また、おむつは赤ちゃんにとって必要不可欠な日用品です。おむつケーキに可愛くアレンジされたおむつならおむつ変えも楽しくなると思います。

おむつケーキにプリザーブドフラワーを添えても喜ばれると思います。プリザーブドフラワーは普通のお花と違って枯れないところも魅力的です。お水を与える必要がないので、プリザーブドフラワーを飾っておくだけでお部屋が華やかになります。

Favorite

Last update:2017/3/10